【2021年】F1ドライバーの出身国・生年月日・年齢一覧/早見表

F1

現在F1ドライバーとなれるのは10チーム2人ずつの合計20人で、若手からベテランまで世界中のトップレーサーがF1で活躍しています。

毎年のように天才といわれる若手が出てくるF1界ですが、時が経つのはアッという間です。

将来、2021年にどのドライバーが活躍していたのかを振り返るために、F1ドライバーの生年月日などを記録していきます。

F1ドライバーの出身国・生年月日・年齢一覧表

ドライバー 出身国 生年月日 年齢
ルイス・ハミルトン イギリス 1985年1月7日 36
バルテリ・ボッタス フィンランド 1989年8月28日 32
シャルル・ルクレール モナコ 1997年10月16日 24
カルロス・サインツ スペイン 1994年9月1日 27
マックス・フェルスタッペン オランダ 1997年9月30日 24
セルジオ・ペレス メキシコ 1990年1月26日 31
フェルナンド・アロンソ スペイン 1981年7月29日 40
エステバン・オコン フランス 1996年9月17日 25
ミック・シューマッハ ドイツ 1999年3月22日 22
ニキータ・マゼピン ロシア 1999年3月2日 22
ダニエル・リカルド オーストラリア 1989年7月1日 32
ランド・ノリス イギリス 1999年11月13日 22
セバスチャン・ベッテル ドイツ 1987年7月3日 34
ランス・ストロール カナダ 1998年10月29日 23
キミ・ライコネン フィンランド 1979年10月17日 42
アントニオ・ジョビナッツィ イタリア 1993年12月14日 28
ピエール・ガスリー フランス 1996年2月7日 25
角田裕毅 日本 2000年5月11日 21
ジョージ・ラッセル イングランド 1998年2月15日 23
ニコラス・ラフィティ カナダ 1995年6月29日 26
2021年12月31日時点での年齢を記録しています。

F1ドライバーの最年少は21歳、最年長は41歳

2021年は小林可夢偉以来の日本人F1ドライバーである角田裕毅を含めF2から上がってくるドライバーが3人いますが、20代の若いドライバーは2019年と同じく13人でした。

最年少は我らが角田裕毅で21歳。最年長はいわずもがな2021年に42歳になるキミ・ライコネンです。

ホンダ最後の年にどのドライバーが活躍するのか2021年は非常に楽しみです。

何とかコロナが落ち着き、F1が盛り上がれば良いのですがどうなるでしょうかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました